06-4862-7349

〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4
大阪駅前第4ビル923号

仕組みで稼ぐ社長の視点 第36話:「社長は自身でコントロールできることにエネルギーを使う」

「三好先生、社員に対して、自社のビジョンを伝えて目標設定をしているのですが期待
 している以上の成果を出すことがありません」

「決して難しいことを求めているのではないと思っているのですが、社員からすると
 はじめての経験なのでやろうと思っていても実現することが難しいということなの
 か頭を抱えることがあります」

経営活動を続けていると社長が思い描いていることを実現するために組織を動かそう
としますが、現実問題として「社員が動いてくれない」「期待した成果を出さない」
等、悩んでいることが多くあります。

社長は、自身がコントロールできることにエネルギーを使い、会社の仕組みを構築し
たり、社員への教育を強化して、組織のレベルを高めることに時間もお金を使うこと
で結果として、社長が社員に期待へのストレスを抱くこともありません。

経営において、社長がコントロールできることコントロールできないことあります。
自社の製品、サービスを購入する意思決定ができるのはお客様であり、購入の最終
決定はお客様にしか決めれないので、決定する手前の選択肢までしかこちらとして
は提案することしかできません。

これは、社員に対しても同じことであり、業務範囲、役職内における役割、目標設定
と本来、社員としての役割は決まっていますが、最終的にはそれを実行するのは本人
であって、「実行しろと」強制的に迫ることはできないのです。

これらの前提条件をもとに社長は日々、経営に対する意思決定を求めらており、目の
前の利益を確保しながらも、来年、再来年、以降の新たな利益、収益の柱を構築して
いかなければならないと気持ちは焦っていきます。

気持ちの焦りの一方、社長が思い描く通りに動かない、組織、社員に対して
「なぜ、自分が期待するような成果、行動をすることができないのか」

「現状の会社の状態を考えると決して安心できる状態ではなく同じ危機意識を共有
 できているのか疑問である」

これは、社長と社員では役職の違い、生まれ育った環境の違い、これまでの経験値の
違い、経営に対する情報量の違い、能力の違い等、価値観、物事の判断軸と全てにお
ける前提条件の違いからこのような意識、行動のギャップが生じることがあります。

これは、社長を含めた幹部、管理者、社員全員と全体のレベルがアップしなければ
解決することがないので、中期的にはレベルアップするための取り組みを行い短期
的には、社長は自身がコントロールできることにエネルギーを使うことで成果を出す
ことができ組織運営がスムーズに進みます。